フットケアナーシングプログラムの支援の概要


足を捉える看方

フットケアと言っても足部だけを見るわけではありません。看護師として、医療の現場でいつ何を観察し、どのような情報収集が足を守るケアにつなげることかお伝えいたします。さらに、収集した情報を患者様の疾患(全身状態)、生活環境、気持ち・価値観などと関連付けたアセスメントを身に付けられ患者様と一緒に設定したゴールに向けてケア計画をたてます。

糖尿病など足に関連する疾患の基礎的事項やトピックも習得できます。

フットケアの方法

足の洗い方、爪や胼胝・鶏眼、踵の角質などをどのような道具を用いてどのようにケアをしたらよいかいかお困りではありませんか。爪切りや胼胝・角質なども足状態が様々です。おひとりお一人に合ったフットケアのご提供と併せて、患者様の足を守るためには欠かせない靴の選び方、インソール、靴の履き方もプログラム内で学習できます。記録の方法などもご提案させて頂くことも可能です。

処置料・診療報酬算定

入院患者様も外来通院患者様も処置料を算定して頂けます。鶏眼・胼胝処置料は同一部位で月2回170点、爪甲除去(麻酔を使用しないもの)は60点の算定が可能です。

糖尿病合併症管理料も条件をクリアしていただくことで、処置料と別に月1回170点の算定ができます。処置料と糖尿病合併症管理料はそれぞれ同日算定ができますので、貴院にとってもメリットがあります。


足病変は転倒リスクを高めます。しかし、患者様の多くが足の異常に気付いていません足のトラブルを抱える患者様を早期に発見することで、転倒予防につながる適切な対処はできます。 患者様の足を一緒に看る事で患者様お一人おひとりの生活習慣や疾患(全身状態)に沿った、セルケアの提案フットケアを実践します。その結果、看護の質と患者様のQOLのさらなる向上、さらに貴院の経済効果につなげます。患者様のニードを満たすだけでなく、看護師のやりがいが高まることが期待できるプログラムです。

患者様の歩ける自信と自立を支える看護師を育成する 『フットケア ナーシングプログラム』の導入をご検討ください


Abebyが貴院へ糖尿病とフットケアに関する知識と技術を提供し、貴院の看護師が糖尿病患者支援とフットケアを実施することで 利用者様や貴院へのメリットがあるフットケアナーシングプログラム


<< フットケアナーシングプログラムの特徴 >>

  •  体系的プログラムに沿って学べますので、しっかりと知識と技術を身に付けられます
  •  糖尿病の基礎・トピックと併せ、療養支援のコツも学べます。フットケア対象外の患者様の療養支援にも広くお役立て頂けます。
  • 初めてフットケアについて学ばれることを前提としております。初めての方も安心してご参加いただけます。 
  • 患者様のおひとりお一人の疾患(全身状態)、生活環境、患者様やご家族が大切にされているものと足とを関連付けたアセスメントが行えるよう支援させて頂きます。 
  • 貴院の患者様がご自宅でもフットケアがおこなえるように、セルフケア支援・家族支援につなげていけます。 
  • プログラム参加はお一人でも複数でのご参加も可能です。